本文へスキップ

引っ越し前に増えすぎた荷物をスッキリさせよう!

引っ越しをスムーズに行うための梱包のコツ

これから引っ越しの予定があるときには、スムーズに引っ越せるようにそのコツも覚えておくとよいです。
まず引っ越しを行う時には、スムーズに荷物を運び出せるように荷造りにも工夫を行う必要があります。
この荷造りが悪いと、引っ越し作業が思ったように進まなくなってしまいますので、
スムーズに運び出せる点から荷造りを行ってみることが大切です。
これで完璧!引っ越しやることリスト一覧をまとめてみたので参考にして下さい。

荷造りを行う時には、本や重い食器などを大きな箱に一つにまとめてしまいがちです。
一つの箱にまとめれば、一回ですべて運び出せると思ってしまうのですが、
重いものをまとめて梱包してしまうと、その重量で一人でもてなくなってしまいます。

特に、引っ越し作業を手伝ってくれる人数が充分でないときには、
一人一人が運び出す荷物の量も多くなってきます。
この時、あまりにも重すぎる荷物があると、運び出すときに複数人数で運ばなければなりませんし、
その分体力的な疲労も大きなものとなってしまいます。

重い物の場合、一つの荷物として梱包するのではなく、小さな箱に入れて、
自分ひとりでも運び出せるように工夫をおこないましょう。

また、荷物によっては今すぐ使用しないものもあります。
特に季節外れの洋服だったり暖房器具などは、今すぐ使用する機会がありませんので、
引っ越しが決まった際には、一番に梱包してみるのがお勧めです。
季節外れの用品を梱包しておけば、その時点で新居に運び出すことができます。

引っ越しする当日には、運び出す用品も多くなってきますし、特に引っ越し業者に依頼した場合、
運び出し作業について指示する必要も出てきますので、荷物の把握や生理もスムーズに行えなくなってきます。

事前に使わないものを新居に運び込んでおけば、引っ越し前にある程度の荷物の整理をつけることができますので、
引っ越しした後の整理についても短期間で終えることができます。

このように、引っ越しを行う際には、スムーズに作業を行えるように梱包を行っておく必要があります。
さらに、重い家具などについては、自分たちで無理に運び出そうとはせず、
専門の引越業者に任せてしまうとよいです。

重い家具を運び出すときには、大人数が必要となってきますが、
多くの人数で運び出しているうちに壁にぶつけてしまったりします。

また、運んでいる方に重さが均一にかからず、特定の方のみに大きな負担がかかり、
腰を痛めたりする可能性もありますので、重い荷物の運び出しに慣れている引っ越し業者に依頼してみましょう。

一人暮らしの荷物について


はじめて一人暮らしをするときは何かと心配事が多いですよね。
一番気になるのは荷物のことだと思いますが、荷物に関しては大きく分けると、初日に絶対に必要なものと、
あとから買い足せばよいものがあります。

まず忘れてはいけないのは寝具ですよね。
ベッドが当日には届かない人もいるかもしれませんがとにかく布団さえあれば何とかなるので、忘れないように。

夏なら最悪布団がなくても構わないかもしれませんが他の時期だと床が冷たくて、
すごくつらい思いをすると思いますよ。

そして、寝室のカーテンを忘れないようにしてください。
カーテンを忘れてしまうと外から部屋が丸見えの状態になってしまうので夜になると、
寝る場所がなくてすごく困ります。

実際に私の友人は、カーテンをすっかり買い忘れていて部屋が外から丸見えの状態だったので、
泣く泣く部屋と玄関の間の廊下で寝る羽目になったそうです。

借りる部屋に照明器具はもともとついていますか?
もしついていなければ、持っていくのを忘れると夕方から真っ暗の部屋に、
一人ぼっちという事にもなりかねないので忘れないようしっかり確認するようにしましょう。

それから、荷物があまりないうちに床などの部屋の掃除をしたほうが良いので、
ほうきやちりとり、雑巾などの清掃道具は絶対に欠かせないと思います。
引っ越し当日は意外とゴミがたくさん出るのでゴミ袋なども用意しておくといいですよ。

そしてすごく忘れがちなのがトイレットペーパーです。
ティッシュペーパーがあれば最悪何とかなりますが、無いとすごく困るので初日から持っておくと良いです。

無くてもどうにかなるけれど、あると意外と便利なものもたくさんあります。
私は輪ゴムのありがたさをひしひしと感じました。
ちょっと何かを束ねる時も、袋を縛るときも、輪ゴムがあれば便利なのに!
と思うシーンが初日からたくさんあったので、ぜひ用意してみてください。

無くても困りはしないものの、私はトイレの便座カバーを忘れて、とてもひもじい思いをしたのを覚えています。
一人暮らし用の家だと、家族用の家とは違って暖かい便座ではないことが多いので、
あるとすごく助かるアイテムだと思います。

一人暮らしだとテレビやパソコン、携帯、炊飯器などとにかく電化製品が多くなりがちなので、
コンセントが全く足りないという事態が起こりやすいです。

わたしも実際全く足りず、しばらくは抜き差ししながらのとても不便な生活でした。
なので初めから延長コードやたこ足配線を用意していくといいですよ。

上手にやりくりするための財布選び


私は、ファッションやファッション小物にとてもこだわりがあります。
物にこだわって、自分の気に入ったものを使ったり、身につけていることによって、
とてもポジティブな気分になります。

そして、毎日を元気に過ごせるんです。
そういった理由からも、物選びにはとても時間をかけてしまうんです。
いつも持ち歩いているお財布ですが、そんなお財布にも、私なりのこだわりがあります。

一番のこだわりは形です。
バッグへの収まり方や、持ちやすさ、使いやすさの面から見て、
私は、必ず二つ折りタイプのお財布を選びます。
二つ折りのタイプでも、ファスナーになっているタイプは選びません。

カード類など、常にいろいろな物をお財布に入れてあるんですが、
以前、ファスナーで閉めるタイプのお財布を使っていた時、ファスナーが壊れてしまったからです。
もちろん小銭入れも大きめなお財布を選びます。
【 財布メンズ大特集 】人気ブランドの2つ折り・長財布ランキングなんかが参考になりますね。

そして、色なんですが、私は、ヒョウ柄の小物が大好きなんです。
ここ数年、お財布もヒョウ柄の物を使っています。
という事で、色は茶系のお財布になります。

今使っているお財布は、GUESSで買ったヒョウ柄の二つ折りタイプの物です。
素材は革で、ボタンで留めるデザインになっていて、とても使いやすいお財布です。

そんなこだわりがあるので、プレゼントでお財布を貰った時には、困ってしまいます。
とても嬉しいんですが、気に入ったタイプではなかった場合、どうしていいかわからなくなるんです。
自宅には、そんな出番のないお財布がいくつか眠っています。

contents